恋をするための心理学Q&A

人にモテたい、パートナーと仲良くなりたい、結婚したい、この関係を長続きさせたいetc……すべての恋の悩みに応える心理学の知見をもとにした情報サイト

カウンセラーに学ぶ5つの恋愛テクニック

カウンセラーの使うテクニックとは?

カウンセラーのテクニックは日常生活でも上手く使えると有用なものが数多くあります。

 

そこで今回は、その一部のやり方を取り上げて、恋愛テクニックとしてご紹介します。

 

f:id:nyarumeku:20140612173540j:plain

 

①     ミラーリング

要は相手の動作をマネすることです。

 

当然ですが、マネし過ぎると、相手の反感を買うこともあるので、適度にマネをする必要があります。

 

例えば、相手が楽しそうな表情をしている時には、自分も意識して楽しそうな表情を作る、相手がジェスチャーをしている時には自分も一緒にしてみるというぐらいでちょうどいいでしょう。

 

②     相手の言っていることを肯定的に受け入れる

これは難しい技術で、カウンセラーはこれのために一生の訓練をします。

 

ですが、日常生活で使う程度であれば、そこまでの訓練をする必要はありません。

 

ただ、いつもだったら、ちょっと批判的に答えてしまう時に、その批判を一旦止めてうなずきを返すことによって、二人の関係は大きく変化します。

 

特に、相手の言葉に対して、男性はつい批判的に返してしまう傾向があるので、男性側は好きな人と接する時、いつもより少し注意して見ましょう。

 

③     自分のことを少しだけ打ち明ける

これは自己開示と呼ばれる手法です。

 

当然ですが、私たちは「何も知らない人」のことより、「よく知っている人」のことを好きになる傾向があります。

 

ただし、ポイントはあまり多くを、そして深刻な話を打ち明け過ぎないことです。

 

「私は多大な借金を背負っていて~」とか「私の親がこないだ離婚して~」などという話を付き合ってもいない、あるいは親友でもない異性に打ち明けられても苦痛なだけです。

 

また、「私の友達がこないだ行ってたんだけど~」と、程度の軽い話でも、自分の話ばかりをされてはイライラしてしまいます。

 

自分のことは、相手が話してくれたら、あるいは相手が興味を持ってくれたら話していくぐらいでちょうどいいかもしれません。

 

④     前傾姿勢で相手の話を聞く

姿勢は無意識のうちに変化しているので重要なポイントです。

 

私たちは相手の話に興味がある時には、無意識のうちに姿勢が前のめりになっています。

 

ですが、話題に興味が無い時には、無意識のうちに姿勢を後ろの方に引いてしまうのです。

 

これでは、相手から「自分の話に興味が無いのか」と思われても仕方ありません。

 

出来る限り、好きになってもらいたい相手の話は(ちょっと意識する程度に)前のめりになって聞きましょう。

 

⑤     相手の感情に応える

日常会話の中では、「仕事で上司に怒られて辛かった」とか「こないだ見た映画がすごく面白かった」といった、感情を表すコミュニケーションがたくさんあります。

 

そんな時、私たちはついつい相手にアドバイスをしたり、自分の意見を言って相手の言葉を遮ってしまいます。

 

ですが、相手は今、自分が「こんな感情になった」ということを話したいのです。

 

ですから、「辛かったんだね……」とか「へ~、楽しかったんだ!」とちゃんと相手の気持ちを受け入れてあげましょう。

 

すると、相手は「自分のことを理解してくれた」と思い、あなたに対して好ましい印象を抱くはずです。

 

特に男性は、相手の気持ちを分析する言葉をついつい言ってしまいがちなので(何をして怒られたの?、何で面白かったの?etc……)、ちゃんと意識して相手の気持ちに共感する言葉を投げかけてあげましょう。

忍者Admax